ジャパンギャルズのOEM/ODMは結果を出します。

自社商品開発・販売による市場マーケティングと情報収集によりマーケットの動向を的確に見据えた 独自の企画力・開発力によって、
常に新しい商品市場と販売チャンネルの開発を行っています。 そして、エンドユーザーの声をOEM/ODM商品企画にフィードバックしコンセプトのご提案からご納品まで、
お客様のニーズにお応えするため、独自の最新技術や高度な情報収集行い、
迅速でより良い提案と サービスで、製品化に向けてお手伝いをさせていただきます。

商品化までの流れ/Flow to commercialization

ヒアリング

ご希望の商品イメージ(コンセプト、デザイン、機能、数量等)について打ち合わせをさせていただきます。

開発商品の企画設計デザイン

研究所・企画開発部・デザイン部が一体になりご要望に合わせた商品開発を行います。

試作

試作品を実際に使用していただき検討していただき、ご要望にそえるまで再試作を行い、最終の仕様を決めていきます。

仕様決定

仕様が決まりましたら、原材料・資材・化粧箱など量産に必要なものを手配していきます。

薬事申請・知的財産申請

商品化に必要な薬事申請・知的所有権確認申請を行います。

量産化

容器・化粧箱・バルク・金型・基盤等を受け入れ厳しい品質管理を行い、量産化します。

出荷前検査

量産製品の検査を行い、合格基準に合う商品を納期にあわせ出荷させていただきます。

納品

リピートの対応からリニューアル・新商品のご提案まで、納品後もアフターフォローをさせていただきます。